乳腺外科

乳がん検診・精密検査のご案内

ご年齢に応じた乳がん検診、しこり、痛み、違和感、分泌物などの自覚症状や、職場の検診、人間ドックで二次検査が必要になった場合もお気軽にご相談ください。マンモグラフィと高精細エコーによる乳腺に関する専門的診療を行っております。

診療時間

診療時間
9:00 〜 12:30
15:00 〜 18:30

※平日午後の診療時間が 15:00~18:30 に変更になりました。

※木曜日は、順天堂大学乳腺センター(03-3813-3111)で午前中は外来、午後は、乳がんの手術を執刀しております。
お急ぎの場合は、乳腺センターまでご連絡お願いいたします。

休診日木曜・日曜・祝日

  • 診療時間終了の15分前までにお越しください。
  • たいへんお手数ですが、待ち時間短縮のために、お電話(03-3902-3123)でのご予約をお願いいたします。
  • 費用についてはこちらをご覧下さい

順天堂大学との医療連携

当クリニックで乳がんと診断がついた場合、すみやかに引き続き順天堂大学乳腺センターにて精密検査を行います。そして乳房温存手術、乳房切除同時再建術など、患者様のご要望を考慮した最適な治療を行った後、必要に応じて、術後の補助薬物療法ならびに経過観察といったクリニックでの診療へと途切れることのない医療連携を行っております。

主治医が一環して担当

当医院長が乳がんの早期発見から乳房温存手術、薬物療法、緩和ケアまで一環して担当いたしますのでご安心ください。

マンモグラフィと超音波検査について

マンモグラフィ

マンモグラフィとは乳房のX線撮影のことです。撮影は鮮明に写し出すために、乳房を圧迫板で挟み薄くのばします。この際に痛みを感じることもありますが、痛みのレベルは個人差があります。しこりとして触れない初期症状の石灰化も写し出すので、早期の乳がんも発見できます。X線の被ばくによる影響の心配はありません。

超音波検査

エコー検査とも呼ばれ、人間には聞こえない超音波を出す器具を直接乳房に当てて、 乳房内部から跳ね返ってくる様子を画像化するものです。超音波は数ミリの手に触れないしこりを見つけ出すことができます。

乳腺検査(マンモグラフィ・超音波検査)

午前
午後

マンモグラフィ検査は、主に女性技師が担当します。詳しくは、ご予約時にお尋ね下さい。

  • たいへんお手数ですが、待ち時間短縮のために、お電話でのご予約をお願いいたします。
  • 乳腺超音波検査は、随時行います。