胃腸内科

胃腸内科診療のご案内

腹痛、胸焼け、下痢、便秘など、胃腸の不調に関する事柄や、ピロリ菌の検査、除菌も行っております。内科診療も行いますので「風邪をひいた」「疲れやすい」「人間ドックで異常を指摘された」など、お気軽にご相談ください。

診療時間

診療時間
9:00 〜 12:30
15:00 〜 18:30

※平日午後の診療時間が 15:00~18:30 に変更になりました。

※木曜日は、順天堂大学乳腺センター(03-3813-3111)で午前中は外来、午後は、乳がんの手術を執刀しております。
お急ぎの場合は、乳腺センターまでご連絡お願いいたします。

休診日木曜・日曜・祝日

  • 診療時間終了の15分前までにお越しください。
  • たいへんお手数ですが、待ち時間短縮のために、お電話(03-3902-3123)でのご予約をお願いいたします。

苦痛の少ない胃カメラ・大腸検査

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)は、通常より細い直径5.9ミリの鼻から挿入する経鼻胃カメラを使います。鼻粘膜のむくみをとる点鼻薬と麻酔の薬を使い、10分ほどで終了します。
大腸内視鏡検査は、10分ほどで大腸の始まりまで到達し、奥から病変の有無を観察します。およそ30分足らずで終了いたします。いずれの内視鏡検査もご希望により、リラックスしていただくお薬を使用し、苦痛の少ない検査を心がけています。

内視鏡検査 (胃カメラ・大腸内視鏡検査)

胃カメラ

検査予約の当日は、鼻やのどの麻酔などして検査となります。胃カメラの検査で慢性胃炎や潰瘍が認められた場合には、その場でヘリコバクター・ピロリ菌の迅速検査が施行できます。ピロリ菌が確認された場合、同日に除菌するお薬を処方いたします。

大腸内視鏡検査

事前予約に一度ご来院いただき、下剤をお渡しします。検査当日は ご自宅で2時間ほどかけて下剤を飲んでいただいて、予約の時間に来院して下さい。

  • 大腸内視鏡検査は、事前予約のため一度ご来院ください。(おこしいただいた時に、下剤の処方と飲み方などご説明させていただきます。)
  • 胃カメラは、お電話でご予約承りますが、事前の来院をお願いいたします。
  • 胃カメラも、大腸内視鏡検査もご希望により、苦痛が無いように、リラックスして頂く薬を使用しますので、お車、自転車での来院は、おやめ下さい。

リラックスできる内視鏡室

内視鏡室の天井は照明を落とすと天体模様が輝くリラックスできるお部屋になっています。